8歳男の子「前歯のすきっ歯と出っ歯が気になる」ワイヤー矯正を行わず、取り外しのできる装置を用いた「床矯正」のみで歯並びを改善した症例

  • ホーム
  • 治療事例
  • 8歳男の子「前歯のすきっ歯と出っ歯が気になる」ワイヤー矯正を行わず、取り外しのできる装置を用いた「床矯正」のみで歯並びを改善した症例

症例カテゴリ:

治療前

治療後

主訴 「前歯のすきっ歯が気になる。出っ歯にもなっている」とご相談いただきました。
診断 拝見したところ、すでに永久歯だった左右の上の前歯2本(中切歯/1番)は、歯の間に隙間がある「すきっ歯」で、さらにねじれて前方に出ている「出っ歯」でした。
また、かみ合わせが深くなってしまう「過蓋咬合(かがいこうごう)」も見られ、このまま放置すると奥歯に負担がかかり、あご関節に痛みが出たり口が開けにくくなったりする「顎関節症」や歯周病に繋がるリスクもあるので、歯並びを整える必要があると診断しました。
治療内容 患者様のご年齢と現在の歯の状態を考慮して、取り外し式の装置を使ってあごの成長を促す「床矯正(しょうきょうせい)」で歯がきれいに並ぶためのスペースを確保する治療を行い、経過をみることにしました。
患者様に合わせて作製した装置を1日に一定の時間使っていただき、前歯の隙間を無くして後ろに下げるとともに、これから生え替わる奥歯もまっすぐ並ぶことを目指しました。

食事や歯磨きの際には患者様自身で装置を取り外していただけるので、好きなものを違和感なく食べられたり、虫歯になりにくいなど、他の矯正方法と比べて負担が少ないことも、選択した理由のひとつです。
さらにかみ合わせの深い過蓋咬合も床矯正装置では改善することができます。骨組みのみの「固定式拡大装置」ではこのような治療はできません。

床矯正のみで歯並びがきれいにならない場合は、ワイヤー装置を使って歯を動かす治療や、歯を抜いてスペースを確保する治療を合わせて行う必要がありますが、今回は床矯正のみで歯並びが整い、永久歯が生えそろう前の「1期治療」で治療を終えることができました。

年齢 8歳男の子
治療期間 約3年
費用 290,000円
※その他調整料が必要となります
術後の経過や現在の様子 前歯の隙間や突き出た感じがなくなって、奥歯の永久歯もスムーズに生え替わりました。
床矯正装置により過蓋咬合も改善し歯の重なりは標準的な2㎜となりました。目標通り過蓋咬合が改善され、奥歯の負担も軽減しました。
歯を抜かず、ワイヤー装置も使用せずに治療できたため、患者様にも大変お喜びいただいております。
負担が大変少なく治療できた症例です。
治療のリスクについて ・治療中は発音しにくい場合があります。
・矯正中は舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

矯正治療のリスクについてこちらをご確認ください。

ココシカ症例バナー