10代女性「前歯が出っ歯気味で気になる」マルチブラケットを使って歯を抜かずに歯並びを整えた症例

  • ホーム
  • 治療事例
  • 10代女性「前歯が出っ歯気味で気になる」マルチブラケットを使って歯を抜かずに歯並びを整えた症例

症例カテゴリ:

治療前

治療後

主訴 「前歯が出っ歯気味で気になる。すきっ歯も気になる」とご相談をいただきました。
診断 診察したところ、右上の前歯(中切歯/1番)が突き出ている「上顎前突(出っ歯)」が見られました。また、下の歯が上の歯茎に接触していて、下の前歯が全く見えない状態で「過蓋咬合(かがいこうごう)」と診断しました。
そのため、全体的に噛み合わせが悪い状態でした。
治療内容 今回は部分的な処置でなく、歯にワイヤーを通す「マルチブラケット装置」を用いて、全体的に歯の移動を促進する全体矯正での治療をご案内しました。

一般的には抜歯を勧められる症例ですが、「遠心移動装置」を用いて奥歯から後方に移動させることで、前歯が並ぶために必要なスペースを確保できるため、歯を抜かずに治療を行うことができます。

年齢 10代女性
治療期間 約2年6ヶ月
費用 650,000円
※その他調整料が必要となります。
術後の経過や現在の様子 歯並びがきれいに整い、噛み合わせも良好になりました。
現在は後戻りを防ぐために保定装置をつけていただき、定期検診で経過を観察しています。
現在のところ後戻りもなく、経過は良好です。
治療のリスクについて ・治療中は発音しにくい場合があります
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります

矯正治療のリスクについてこちらをご確認ください。

ココシカ症例バナー