10代女性「歯が1本だけ引っ込んでいる」ワイヤー装置と奥歯を後ろに移動させる装置を組み合わせて、歯を抜かずに治療した症例

  • ホーム
  • 治療事例
  • 10代女性「歯が1本だけ引っ込んでいる」ワイヤー装置と奥歯を後ろに移動させる装置を組み合わせて、歯を抜かずに治療した症例

症例カテゴリ:

治療前

治療後

主訴 「歯が1本だけ引っ込んでいる」とご相談いただきました。
診断 拝見したところ、右上の前歯(側切歯/2番)がスペース不足によって内側に入り込み、下の歯が部分的に上の歯に被さっている「交叉咬合(こうさこうごう)」でした。
また、先に生えた右上の前歯が内側にずれていることにより、その歯より後ろの歯(犬歯/3番)や奥歯が少しずつ前にずれて生えてきたため、右側の歯のかみ合わせが悪く、あごの関節に負担がかかっていました。

右上の一番奥の歯(第2大臼歯/7番)はまだ生えておらず、このままだとこの歯も前にずれて生えてくる可能性がありました。

治療内容 四角いボタンのような小さい装置を歯に接着し、ワイヤーを通して歯を動かす「マルチブラケット装置」と、奥歯を後方に移動させる「遠心移動装置」を組み合わせ、スペースを確保して前歯をきれいに並べる治療を行いました。
また、奥歯を移動させることで右側のかみ合わせを改善し、後から生えてくる右上の奥歯もきれいに並ぶことを目指しました。

通常であれば前歯の隣りの歯(第1小臼歯/4番)を抜いたり、歯と歯の間をわずかに削ってスペースを作る「ディスキング」を併用して治療することも多いケースですが、前歯だけでなく奥歯から動かすことで、歯を抜いたり削ったりすることなく十分なスペースを確保することができました。

年齢 10代女性
治療期間 2年7ヶ月
費用 650,000円
※その他調整料が必要となります
術後の経過や現在の様子 引っ込んでいた前歯がきれいに並び、右側のかみ合わせも正常になってあごの関節の負担が軽減されました。
また、右上の一番奥の永久歯も問題なくまっすぐ生えました。
患者様には「歯を抜いたり削ったりせずに治療できたことが嬉しい」とお喜びいただき、きれいな歯並びに大変満足していただけました。
治療のリスクについて ・治療中は発音しにくい場合があります。
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります。
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります。
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる場合があります。
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。

矯正治療のリスクについてこちらをご確認ください。

ココシカ症例バナー