セロトニントランスポターS型(不安遺伝子)を持つ比率は民族により異なります。日本人は世界で最も不安感を持つ民族です。

  • セロトニントランスポターS型(不安遺伝子)を持つ比率は民族により異なります。日本人は世界で最も不安感を持つ民族です。

今月の話題はセロトニントランスポーター遺伝子です。

セロトニンとは?

神経伝達物質であるセロトニンは、神経終末(前シナプス)から放出され、後シナプスの受容体に結合し、情報伝達を行います。セロトニンの役割はノルアドレナリン(ストレス物質)の作用を抑えて不安を鎮めること、ドーパミン(快楽物質)の作用を抑えて満足感を与えることです。精神の安定に寄与します。深い眠りにも関連します。

 

セロトニンはリサイクルされる

放出されたセロトニンは分解されますが、一部は前シナプスに回収され、リサイクルされます。このセロトニンを再回収するのがセロトニントランスポーターです。セロトニントランスポーターの少ない人はセロトニン不足に陥りやすく、鬱や、満足感を得られず不安行動をとるといった症状に結び付く傾向があります。

 

2種類のセロトニントランスポーターがある

セロトニントランスポーターには遺伝子量の多いL型(ロング)と遺伝子量の少ないS型(ショート)の2種類があります。L型はセロトニンを多く作り、S型は少なく作ります。遺伝子の型はSS型,SL型,LL型の3種類の組み合わせです。セロトニントランスポーター遺伝子にL型を持つ人の割合は人種により異なり、アフリカ人>アメリカ人>アジア人です。特に日本人ではSS型が最も多く、全体の68.2%.を占めます。アメリカ人のSS型は全体の18.8%です。

 

LL型遺伝子は精神的に安定する?

LL型遺伝子を持つ人(セロトニンの多い人;前向きな人が多く、ストレスを感じる状況でも精神的に安定していると言われています)は日本人1.7%、アメリカ人32.3%です。S型遺伝子(不安遺伝子)保有は日本人80.25%、中国人75.2%、台湾人70.57%、スペイン人46.75%、アメリカ人44.53%、南アフリカ人27.79%となっています。

 

SS型はセロトニンがリサイクルされにくい

セロトニントランスポーター遺伝子が少ない(SS型)人は、放出されたセロトニンがリサイクルされずに体外に排出され、その結果、慢性的にセロトニン不足に陥ります。セロトニン不足は不安感を持ちやすい精神状態です。人種による気風の違いが表れているといわれています。日本人は不安を感じやすく、そのため事前にいろいろ準備をしたり、細部まで細かく目を通すのではないかといわれています。自閉症の人の脳内ではセロトニントランスポーターの密度が低下し、セロトニンの量も有意に低いことがわかっています。

 

うつ病の薬もセロトニンをコントロールしている

うつ病の薬はセロトニントランスポーターの作用を阻害して再吸収を邪魔します。そうすることによりシナプス間のセロトニンの量を増やします。体内ではセロトニンは90%は消化管、8%は血小板の中、2%が脳内にあります。ストレスからの開放が起こると血小板から大量のセロトニンが放出されます。セロトニンは血管を収縮させるため、脳内では閃輝暗点が起こります。放出されたセロトニンはすぐに分解されて体外に排出されるので、次には一時的にセロトニン不足の状態になります。

 

セロトニンが不足すると頭痛が起きる?

セロトニン不足は血管の拡張を促し、閃輝暗点が解け、片頭痛を起こすことになります。子供の場合は頭痛と腹痛が一緒に起こることが多く、これは消化管にあったセロトニンが関与しているといわれています。北欧のように日照時間が少ないと、セロトニントランスポーターの密度が高くなります。これは日照時間が減ると、セロトニン分泌が少なくなり、リサイクルを促進するためセロトニントランスポーターの密度が増えるのであろうと考えられています。