持続可能な開発目標「SDGs」とは?は、国連が2016年から2030年の15年間で、達成するために掲げた目標です。

  • 持続可能な開発目標「SDGs」とは?は、国連が2016年から2030年の15年間で、達成するために掲げた目標です。

今月の話題は持続可能な開発目標を目指して国連で決定した「SDGs」についてです。

 

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs:sustainable development goals サスティナブルデベロップメントゴ-ルズ)です。エスディジーズと呼びます。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択された、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で、達成するために掲げた目標です。

17の大きな目標と達成するための169のターゲットでできています。17の目標は以下です。

①貧困をなくそう。

②飢餓をゼロに。

③すべての人に健康と福祉を。

④質の高い教育をみんなに。

⑤ジェンダー平等を実現しよう。

⑥安全な水とトイレをみんなに。

⑦エナルギーをみんなに そしてクリーンに。

⑧働きがいも経済成長も。

⑨産業と技術革新の基盤を作ろう。

⑩人や国の不平等をなくそう。

⑪住み続けられるまちづくりを。

⑫作る責任使う責任。

⑬気候変動に具体的な対策を。

⑭海の豊かさを守ろう。

⑮陸の豊かさを守ろう。

⑯平和と公正をすべての人に。

⑰パートナーシップで目標を達成しよう。

 

17の目標は持続可能な開発、民主的なガバナンス、平和構築、気候変動と災害に対する強靭性というUNDP(国際連合)の重要分野です。開発途上国のみならず先進国にも当てはまる目標です。169のターゲットでは17の目標それぞれに対しての具体的な数値目標、あるいは漠然とした目標が設定されています。

 

169のターゲットに、更に244の具体的な数値目標

169のターゲットの下には244の具体的な数値目標としての詳細(指標)が策定されています。一つの目標を達成するためには別の目標と関連付けて取り組む必要があります。目標は相互接続的です。今正しい選択をすることで、将来の世代によりよい地球を残そうと、人々の暮らしを持続可能な形で改善することを目標に、それぞれの国がそれぞれの優先課題に取り組む、あるいは全世界的な環境問題に採用するガイドラインが示されています。

 

世界共通の課題へ取り組むための計画を提供

アヒムシュタイナー国連総裁は『2030アジェンダ(課題)の支援は、UNDPにとって最優先課題の一つです。SDGsは貧困、気候変動、紛争など私たちの世界が抱える喫緊の課題に取り組むための共通の計画とアジェンダを私たちに提供しています。UNDPには、前進の原動力として、各国が持続可能な開発に向けた道を歩むための支援ができる経験とノウハウがあります。』と呼びかけています。

 

毎年7月には各国の定期報告が

SDGsは毎年7月定期的に進捗状況を各国が報告しあうことになっています。ここが以前のUNDPの目標提起事項との違いで、SDGsの強力な部分です。日本は2019年7月の報告に追加して、9月に首相が国連で進捗を発表することになっています。安部首相とすべての国務大臣から構成される持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合が開催され、

①国際保健機関への支援。

②難民問題への支援。

③女性の輝く社会実現への取り組み

 

以上を行うことを実施方針として決定しています。

すでに日本は合計4000億円の投資を予定しています。