立川市 矯正歯科 歯科矯正 非抜歯矯正 小児矯正 予防矯正 デーモンシステム 裏側矯正

矯正治療例

矯正治療症例

INDEX

症例1

上下顎とも突出していて口元にかなり問題があります。非抜歯矯正治療では最も高度な治療技術を要します。

治療前
症例1 症例1 症例1
   
治療後    
症例1 症例1 症例1

上下顎とも頭蓋骨の真ん中に収まりました。大臼歯の位置はよく噛める位置です。
良い位置に大臼歯が移動すると口元も自然な形に戻りました。たぶん矯正治療を手がけたことのある歯科医ほど、この症例の治り方にどうして抜かずに治ったの?という言葉が出ると思います。
このタイプの非抜歯による治療は非常に高度な技術を必要とします。

   
2年後
症例1 症例1 症例1

終了2年後も歯列は安定しています。整直した歯は安定します。全く別人のような変化です。矯正治療で人生が変わりました。

≫ PAGE TOP

症例2

2本の八重歯が丸々あふれています。この治療は私の最も得意としている治療です。抜歯して治療すると、かえって結果が思わしくありません。大臼歯が斜めのままになりやすいのです。抜歯しないで治る確率が一番高いタイプです。

治療前
症例2 症例2 症例2
   
治療後    
症例2 症例2 症例2

大臼歯は適正な位置と角度となり、それに伴ってすべての歯が適切な噛み合わせになりました。隙間なく噛み合った歯列は安定した下顎の位置を保持します。将来にわたり噛み合わせがずれにくくなります。噛み合わせのずれによる身体のずれも起こりにくくなります。

≫ PAGE TOP

症例3

治療前
症例3 症例3 症例3
症例3 症例3 症例3
   
治療後    
症例3 症例3 症例3
症例3 症例3 症例3

治療後は幅の広い歯列弓と、整直された大臼歯、それに伴い前歯も良い角度になりました。
すべては大臼歯を中心とした治療により導き出された結果です。口角から口角に隙間なく白い歯が見えます。明るい、生命力に富んだ人間性が第一印象となります。印象だけに留まらず、実際に性格はそのように変化します。矯正治療で性格も変わります。

≫ PAGE TOP

症例4

大臼歯は内側に傾斜し下顎は真ん中から2番目の歯のために、のどの方へ押し込められています。 首の骨も前方へ湾曲しています。顔貌にも張りがありません。すべてが弛緩しきっています。

治療前
症例4 症例4 症例4
症例4 症例4 症例4
   
治療後    
症例4 症例4 症例4
症例4 症例4 症例4

首の骨も適正な形に変わりました。顔つきは別人のようです。生まれ変わったかのようです。抜いた治療ではこのような結果は出せません。

≫ PAGE TOP

症例5

上顎の未発育が顕著です。抜歯すると骨のボリュームがなくなり、貧相な顔貌になってしまいます。
大臼歯の位置の適正化により、すべての歯の位置が適正化され、それに伴い、顔貌も変化します。

治療前
症例5 症例5 症例5 症例5
症例5 症例5 症例5  
治療後    
症例5 症例5 症例5 症例5
症例5 症例5 症例5  

大臼歯の整直により、すべての歯が、機能しています。抜歯してこの結果は得られません。
弱かった顔貌も力強い生命力を持っています。弱々しかった過去が全くうそのようです。
現代の矯正歯科治療は美しさと力強さを人生に与えます。

≫ PAGE TOP

症例6

この方も難しい治療です。左の小臼歯は全く噛めないでいました。歯が、すれ違っていたのです。下の前歯も2本まるまるあふれていました。従来の治療方法でしたら、多分前歯2本を抜いて上のどこかを2本抜いて、大臼歯はそのままといったところでしょう。見てもお判りのように臼歯は上も下も内側に倒れていま す。抜歯した場合は歯列弓が小さくなるので、整直させることはできません。内側に倒れたままです。

治療前
症例6 症例6 症例6 症例6
症例6 症例6 症例6  
治療後    
症例6 症例6 症例6 症例6
症例6 症例6 症例6  

大臼歯はきちんと整直しました。それに伴い、小臼歯も噛めるようになり、あふれていた下の前歯も歯列の中に入りました。口角から口角まで隙間なく白い歯が見えます。明るい健康的なスマイルです。元気があふれているのが伝わってくるようです。この方の人生も矯正歯科治療で大きく変わりました。矯正歯科治療で 全身が変わります。人生が変わります。

≫ PAGE TOP

症例7

治療前
症例7 症例7 症例7 症例7
治療後      
症例7 症例7 症例7 症例7

この方も難しい治療です。大臼歯の整直により、歯列弓もきれいになりました。あふれていた前歯も口の中に納まりました。表情にも活気が出てきました。この方も矯正治療で人生が大きく変わりました。

2年後      
症例7 症例7 症例7 症例7

抜歯を伴う治療ではこのような結果は出せません。大臼歯の位置も抜歯した場合、この位置には位置づけできません。根本的な大臼歯に手を加えることで、形の上でも、目に見えないところにも良い効果が出ます。大臼歯は全身とつながっています。

≫ PAGE TOP

症例8

前歯が歯茎ごと出てしまっています。噛み合わせも非常に深いタイプです。この歯茎の治療も難しい治療です。顎の骨には2種類あります。歯槽骨と基底骨です。基底骨は変わりませんが、歯槽骨は歯の存在により変化します。歯槽骨があってそこに歯があるのではなく、歯があって歯槽骨があります。歯の位置変化で 歯槽骨は形を変えます。

治療前
症例8 症例8 症例8 症例8
症例8 症例8 症例8 症例8
治療後    
症例8 症例8 症例8 症例8
症例8 症例8 症例8 症例8

歯を埋め込むように移動させると、このように歯茎ごと変わってくれます。平らな針金を使う先生ではこの変化はさせられません。既製品だけで治療する先生では歯茎は伸びたままです。
普通はインプラントを使って治療するレベルです。治療後は、きちんと整いました。顔貌も整いました。
よい笑顔です。あの歯茎はどこへ行ったのでしょう。

≫ PAGE TOP

矯正治療を始める時期は?

一見して歯並びが悪いと思えるような場合は、上顎の4本の前歯が完全に萌出した頃が開始の時期です。小学3年生くらいに相当します。この時期から開始すると骨の成長力を利用しながら治療を進められます。成長力がなくなってくると治療も難しくなります。症状は進行しますので、できればこの頃からの開始が良いと思います。大幅な歯の移動をせず、よい土台を先に用意して正しい位置に最初から生えられるよう導くことが最良の方法です。もちろん噛み合わせのずれなどは早急に治す必要があります。顎の偏位は身体全体の抵抗力を減退させます。筋力テストを行うとこれは一目瞭然にわかります。初診で来られた方にはデモンストレーションを行って、実際に顎の偏位の恐ろしさを理解していただいています。不正咬合がひどくならないうちに矯正治療を始めることが大事です。重症でない場合でも不正咬合に気づいたときが、開始の時期です。痛くないのでなんとなく時期を延ばしがちですが、開始を延ばすことは100害あって1利なしです。噛み合わせのずれは全身の筋肉の力を減退させます。

永久歯矯正治療の始める時期は、なるべく早く始めることがベストでしょう。
待てば待つほど不正は憎悪します。どんどん治りにくくなってしまいます。

本人が楽に治療を受けられるのは、早いスタートの方がよりベターです。従来の永久歯が生え揃うまで待つことは全く意味がありません。様子を見ることはベストな方法ではありません。

≫ PAGE TOP

土台の未発達に手をかけることが大切

最初はほんの少しの不正咬合でも、時が経つにつれさらに不正が不正を呼んで悪化します。歯並びは自然に良くなることはありません。様子を見ましょうという言葉は全く意味がありません。かえって状態を悪くするだけです。多くのご両親から、乳歯の頃にきれいな歯並びであったのが永久歯が1本2本と生えてきたとたんに歯並びが崩れてきたという訴えを聞きます。
その乳歯の頃のご両親がきれいと思っていた歯並びとは、隙間がないか、あるいはあっても少ない歯並びである場合が多いようです。ご存知のように乳歯の正常な歯並びは隙っ歯です。永久歯が2本3本と生えてくると隠れていた問題が表面化してきます。一本一本の歯がよくないのではなく、根本的な土台である顎の骨の大きさに問題を持っているため結果として永久歯にしわ寄せがきます。特に6歳臼歯にその影響が出やすく、6歳臼歯の位置と角度が悪くなると、後続の永久歯はさらに位置を変えてますます不正な状態に陥ります。
生えてきた永久歯のための隙間がない場合に、隣の乳歯を抜歯する先生がいます。これは全く意味がないばかりか歯槽骨のボリュームを減らしてしまうことになり、将来の不正咬合をさらに悪化させてしまいます。抜いた乳歯の代わりの永久歯の萌出を遅延させることにもなり、決して行ってはいけません。良い噛み合わせを作り上げるためには、骨組みについて計画を立てる必要があります。顎の骨と歯並び、身体全体は関連しあって完成していきます。悪い歯並びを放置すると、悪い歯並びの影響で、身体全体が機能減退に陥り、身体全体の発育に影響が出ます。

≫ PAGE TOP

深い噛みあわせは要注意

特に不正咬合になる確率が高いのは、噛み合ったときに、下の前歯が見えない、あるいは非常に見える範囲が少ない場合です。正常な場合の上の前歯と下の前歯の重なりは2mm程度です。重なりが大きい場合は上顎の前歯が下顎の関節部の前方への成長にストップをかけています。この場合は早いうちに(骨の成長力のあるうちに)成長に待ったをかけている原因をとり除いて、正常に下顎の関節部が成長ができるように導く必要があります。下顎が無理にのどの方へ押し込められた形になっていることも多く、舌が喉に押し込められた形態になります。正常に下顎が成長できる状態に導くと、それまでの息苦しさがなくなり、呼吸が楽になります。まぶたの開き方が大きくなることもしばしば見受けます。猫背であったのが猫背でなくなった子もいました。噛み合わせは身体のいろいろな部分と関連しています。

≫ PAGE TOP

歯並びの予防は普段の生活習慣から

歯並びは一晩で出来上がったものではありません。一本一本期間を置きながら生えてきて、さまざまな条件の中で歯並びを形成していきます。歯は力関係でその位置を変えます。口の周りの筋肉の使い方、舌の動かし方、噛み癖、顎にかかる力の大きさと方向、身体の姿勢、頭の角度等に影響されて力学的なニュートラルな位置に落ち着きます。
歯並びの良し悪しは身体の基本的骨格が決まっていく2歳ころまでの生活が大いに関係します。
抱くときにいつもどちら側に抱いていることが多かったか、寝ているときに顔はどちらを向いていることが多かったか。顔と顎、肩、腰、足首、これらが同じ方向に向いているかどうか。座るときに脱力姿勢でいることが多いか。長時間同じ姿勢をしているときにどのような姿勢になっているか。長時間ずれた同じ姿勢をとり続けると、そのずれたままでいても良いように、身体の他の部分が変化し、ずれたままで固まろうとします。成長の過程で問題が生じると正常な形成がないままで身体すべてが関連づけられて成長してしまいます。
問題はそこだけではなく、身体すべてに波及します。特に腰骨の正しい発育が要(かなめ)になります。正しい骨盤、股関節の発育のためには乳児の頃にハイハイをたくさんさせることが大切です。大人の方でもハイハイをすることは骨盤と股関節に対して非常に良いことです。そのときには首をあげ、背骨をそらしぎみにしてハイハイしましょう。乳児が行う姿勢と同じです。ひざと手首を傷めないように気をつけましょう。最近の子供達の成長ではあまりに早くつかまり立ちが始まり、ハイハイすることでしか形成されない骨盤の一部(大腿骨骨頭が入る臼蓋部分あるいは仙腸関節)の発育が、未発育のまま次の段階へ入ってしまい、後でその後遺症(猫背など姿勢の制御機能の低下、股関節障害、手根幹症候群、ケルバン病など)が起こることが多くあります。そしてこれは同時に歯並びの形成に深く関係してきます。今はもうやらなくなってしまいましたが、われわれが小学生の頃よくやらされた雑巾がけは腰の強化に非常に効果的です。

≫ PAGE TOP

矯正歯科治療は人生を一変させます。

不正咬合は発見したときが開始のときです。できるだけ早く治療を始めることが最良です。放置すればさらにひどくなります。昔言われたように永久歯が生えそろうまで待つ必要は全くありません。それどころか待っていては最適な時期を逸することになります。対称的な歯並びは生命力を意味します。大臼歯の適正な位置と角度は全身の抵抗力を表します。笑うと花が咲いたようにこぼれる美しい歯並びは、強い生命力の源です。人生においてこんな宝物はありません。今からでも決して遅くはありません。
矯正治療はご両親からの最高のプレゼントです。一生の宝です。そして御自身へも、美しさと力強さをプレゼントしませんか?

≫ PAGE TOP
Contents
HOME
医院紹介
診療時間・地図
小児矯正/予防矯正
大人の矯正
非抜歯矯正
噛み合わせ/人体との関係
治療費
治療例
矯正の雑学とその他もろもろ
Clinic Information
【住所】
〒190-0012
東京都立川市曙町1-12-24スクスクビル2F
【TEL】
042-522-4432
ご予約・お問い合わせはお電話で。
【診療時間】
火・水・金
11:00〜14:00 15:30〜19:30
土・日
10:00〜13:00 14:30〜18:30
※第2・4日曜日のみ診療を行っております(月によって変更があります)。